« 2007年10月01日 | Top

最新記事【2008年04月18日】

.

結婚式での乾杯と言いますと、それによって結婚式の参列者がお酒を飲み始めることができる合図になるとも言えます。式が終わってにぎやかな披露宴の始まりです。

お酒が好きな人であれば早く飲みたいと思うのは無理もありません。結婚式のマナーはいくつかありますが、ここでは乾杯に関するマナーについてふれたいと思います。
乾杯の音頭を任された人は、心得ておかなければならないことや言うべきことがいくつかあります。

まず自己紹介を簡単にします。そのあと新郎新婦との関係を話し、何より新郎新婦やその家族、親族に対するお祝いの言葉を述べるのも忘れてはいけません。

新郎新婦にまつわるエピソードを入れても構わないでしょうが、最も大切なのは手短に済ませるということです。披露宴の途中で行なわれるスピーチとは違うのです。

みんなは早くお酒が飲みたくてうずうずしているのです。そんなときにいつまでもだらだら話していたら、待っている人達は苛立ってくるでしょう。

気分よく披露宴をスタートさせるためにも、簡単にまとめて短い時間におさめることが大切です。そうすればみんなから嫌われずに済むでしょう。

最後は元気よく「乾杯!」といって終わればいいので、場の雰囲気を悪くさせないためにも手短に、これを忘れないようにしましょう。

間違っても自分の自慢話なんてしてはいけません。気づいていなくてもついついそんな流れになってしまうこともありますので、内容を事前に誰かに確認してもらうのが良いでしょう。

結婚式のマナーを知ろう【服装・作法・挨拶】

結婚式のマナーはたくさんあります!結婚式にお呼ばれしたけど、実は結婚式のマナーをよく知らない方のために!!